青汁は便秘に効く!お腹がすっきりするオススメ青汁&効果的な飲み方

便秘でお悩みの方には青汁!
豊富な食物繊維や乳酸菌の力で、飲むだけで頑固な便秘を解消してくれる、嬉しいアイテムなんです。
続けて行けば体質を改善して便秘になりにくい体に。
「だけど、苦くてまずいのでは?」という心配はご無用。
抹茶のような味わい、フルーティーでスッキリしたものなど、青汁も進化を遂げて飲みやすいものばかり!
青汁でおいしく便秘を解消していきませんか?

この記事では、

  • 便秘のメカニズムと便秘を招く食生活
  • 青汁に含まれる栄養成分
  • 便秘解消のためのオススメ青汁8選
  • 明日からスッキリ!青汁の飲み方のコツ
  • 青汁のQ&A

を中心にお届けします。

先にオススメの青汁を知りたい方は「辛い便秘を解消したい!私がおすすめする青汁8選」からチェックすることができますよ。

監修・LalaMe 編集長
コスメマイスター
美容系ライター・エディター
医学博士(名古屋大学大学院医学系研究科博士課程修了)
前川 優子

自身の肌荒れをきっかけに、コスメ・スキンケアの勉強を始め、コスメマイスターを取得。
博士課程で培った専門知識をもとに、根拠に基づいた信頼できる美容情報をお届けします。

便秘に青汁がいいって本当?

便秘に青汁がいいって本当?

答えは「イエス」
青汁は便秘解消にぴったりな飲み物です!
「便秘には食物繊維や乳酸菌がいい」なんて聞いたことがありませんか?
食物繊維はスムーズな排便を促す働きをしてくれるもの。
乳酸菌は腸内環境を整えてくれるものであり、どちらも便秘で悩む方には積極的に摂取してほしいもの。
青汁にはそんな食物繊維や乳酸菌がたっぷり!
他にもビタミンやカルシウムなど、他の栄養素も豊富。
足りない栄養素を補い、健康な身体の維持をサポートしてくれる青汁は、便秘解消に適したアイテムなのです。

まずは便秘のメカニズム・原因を知ろう

「青汁を飲み始めたら翌日から快調♪」なんてことは…残念ながらありません。
継続をして体質改善を図ることで、効果を得ることができます。
便秘の悩みとさよならするために、まずは、便秘を引き起こす原因から考えてみましょう。

便秘の種類とその原因

一口に便秘と言っても原因も症状も様々。
便秘の種類は、機能性便秘と器質性便秘の2つに分けられます。

機能性便秘
機能性便秘は、便をつくる過程や排便のしくみに問題がある場合に起こる便秘。
具体的には以下の3種類があります。
・弛緩性便秘 ⇒ 運動不足、水分不足、食物繊維不足、腹筋力の低下などが原因
・痙攣性便秘 ⇒ 環境の変化やストレスが原因
・直腸性便秘 ⇒ トイレの我慢が原因
器質性便秘
大腸がんや手術後の癒着など、消化管(小腸・大腸)に通過障害、排出障害が起こることで引き起こされる便秘。
※血便、激しい腹痛、嘔吐を伴う場合があり、早急な受診が必要。

主に多くの方が悩んでいる便秘は機能性便秘に分類される慢性的な便秘。
栄養の偏り、ストレス、トイレの我慢など原因は異なるものの、どれも腸の働きを乱し、便意を起こす自律神経の働きを鈍くしてしまうことで便秘が引き起こされます。

便秘

そして、これらの原因は相乗効果で便秘を悪化させることにも…。

食事の乱れで食物繊維不足が生じ便秘に。
おまけに慌ただしい毎日で、学校や会社でトイレを我慢してさらに便秘に。
ストレスも加わり便秘がひどくなり、下剤に頼ることで腸が疲弊しさらに頑固な便秘に。
生活の乱れや腸内環境の悪化により病気になり、薬の副作用でさらにさらに便秘に・・・
と、負の連鎖で、便秘の悩みは増していくことに。

便秘は継続的な生活習慣の乱れによって起こるからこそ、継続的な生活習慣の改善によって解決することが必要となってきます。

現代人は便秘が多い?便秘を招く食生活とは

便秘を招く食生活

「自分は便秘ではない」と思っている方でも、実はかくれ便秘の可能性が…。
排便の量が少なく、理想的な排便量を満たしていない場合があります。

理想的な便は1日200g!

健康的な人は、一生で約6トンも排便をするそうです。(80歳まで生きる計算の場合)
1日にするとだいたい200g。
しかし、欧米人の多くはこの半分ほどしか排出しません。
戦前の日本人は1日200g~400gほどの便をしていたと言われますが、最近では欧米人程の量に減ってきました。
1日の排便量が100g程度や、それ以下、ひどい人は1週間に1回しかトイレに行かないなんて最悪の状態になっています。
同じ日本人なのに、半世紀の間に体質が変わってしまった大きな原因は「食生活」。
食の欧米化が、体質までも欧米化させてしまっているのです。

便秘になる食生活

便秘になる食生活の代表格は「肉」。
肉は食物繊維を一切含まず消化にも時間がかかる為、長い時間大腸に滞在します。
食材が腸内にたまる時間が長いと便の腐敗が進み、老廃物が発生することで腸内環境が悪化。
腸内環境が悪化している限り、便秘が継続してしまいます。
そのため、お肉中心の食生活で便秘気味の方は、食事のメニューを見直す必要があります。
消化されやすい白身魚や野菜を中心にしたメニューをとり入れることを意識していきましょう。

そして、お肉の他にも「パンやお米が好き!」という方も注意が必要です。
精製された白米やパンも大半の食物繊維が取り除かれた食材な為、毎日の摂取は便秘を引き起こす原因の一つとなってしまいます。
米やパンが好きな方は、食物繊維を多く含む玄米や全粒粉の小麦で作られたものをとり入れていきましょう。

1日に必要な野菜の量は?

1日に必要な野菜の量

厚生労働省が平成29 年度「国民健康・栄養調査結果の概要」にて発表した、成人1日の野菜摂取量の平均は288.2g。
野菜摂取量の目標は1日350g。
これを満たしているのは全体の3割ほどで、7割の方は野菜が足りていません。
ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含む野菜を摂取できていないことは、便秘をはじめとした体の不調を招きやすい状態になっているのです。

(参考:https://www.mhlw.go.jp/

青汁で足りない栄養を補おう

便通をよくしてくれる栄養素がたっぷり含まれている野菜。
サラダやスープなど食事で摂取できればいいですが、1日に必要な野菜を毎日摂取するのは意外と難しいもの。
青汁なら、手軽に野菜をチャージして便秘を解消できます!

便秘解消に効く青汁の成分

便秘を解消するのに大切なのは、「食物繊維」と「乳酸菌」。
青汁は食物繊維が豊富な野菜でできているため、便秘解消にぴったり。
更に乳酸菌もプラスして効率よく便秘解消を目指せるものも。
食物繊維や乳酸菌を摂取するとなぜ便秘解消にいいのか、チェックしていきましょう。

食物繊維

食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、便の形を整える役割を果たしてくれます。

食物繊維の種類
◇水溶性食物繊維◇
水分を含みやすく、便に柔らかさを与え、つるっと出すお手伝いをしてくれます。
◇不溶性食物繊維◇
便のかさ増しを行うことで腸のぜん動を高め、排便に繋げてくれます。

食物繊維はこの2種類をバランスよく摂取することによってはじめて、便秘を解消することができるのです。

1日20グラムの食物繊維の摂取を心がければ、便秘が改善されやすくなると言われています。
しかし厚生労働省の平成29年度の「国民健康・栄養調査結果の概要」をみると、現代人の食物繊維摂取は平均14.4gに留まる数字となっています。(うち、水溶性3.4g、不溶性10.5g)

(参考:https://www.mhlw.go.jp/

一番食物繊維の摂取が高かった70代以上ですら17.4gと、目標値には達していません。
現代人は圧倒的に食物繊維(特に水溶性)の摂取不足。
食物繊維を意識して摂る必要があると言えます。

難消化性デキストリンに注目!
現代人の食物繊維不足を補うために開発されたのが「難消化性デキストリン」
名前のとおり、「消化しにくいデキストリン」という意味ですが、これはトウモロコシのデンプンから作られた水溶性食物繊維。
小腸での糖や脂肪の吸収を抑える他、おなかの調子を整える整腸作用があります。
1日5~10gの摂取量で、水分を抱え込み便の軟らかさを保ち、便量、排便回数を増やす効果が。
有効性と安全性が認められ、トクホや機能性表示食品など様々な食品に使われています。
水溶性食物繊維の摂取が少ない現代人にマッチした成分。
難消化性デキストリンが配合された青汁に注目です!

乳酸菌

乳酸菌

野菜を原材料とする青汁は、豊富な食物繊維を含むだけでなく、乳酸菌を配合しより高い整腸作用効果を期待できるものもあります。
乳酸菌の役割は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑制すること。
これにより、大腸に刺激を与え腸の運動を活性化させてくれます。

健康な身体は腸の動きも活発。
しかし、腸の動きが鈍くなると便は移動しにくくなり便秘状態に。
そして、便が腸内に留まる時間が長くなるほど悪玉菌が増え、腸内環境は悪化。
これにより、便秘も慢性化という事態に…。
このような悪循環を防ぐためにも乳酸菌は腸内に必要です。
その上、便に適度な水分を含ませ、ちょうどいい硬さに調節してくれる効果も。

便秘でお悩みの方に是非とも味方につけて欲しい、腸内環境を健康にしてくれる優れた菌なのです。

便秘解消だけじゃない!青汁の栄養で健康体に

青汁の栄養で健康体

乳酸菌や食物繊維が豊富に摂れ、便秘を解消してくれる青汁。
その外にも、青汁の原材料となる野菜には、健康な体をつくるために必要な栄養がたくさん含まれています。

青汁の原材料として有名な野菜はこちら↓

青汁の主な材料 代表的な栄養
ケール ・抗酸化作用の強いβカロテン、ビタミンE、ビタミンC
・熟睡効果のあるメラトニン
・目の健康を守るルテイン
・骨の強化に必要なカルシウム
・食物繊維
大麦若葉 ・動脈硬化、高血圧、糖尿病予防にいいSOD酵素
・皮膚や粘膜の維持に必要な亜鉛
・貧血予防に良い鉄分
・高血圧を抑えるカリウム
・歯や骨の形成に必要なマグネシウム
他にも、カルシウム、βカロテン、ビタミンC、食物繊維など
明日葉 ・がん予防にいいカルコン
・アルツハイマー予防にもいいクマリン
他にも、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維など

他にも、よもぎ、緑茶、桑の葉なども青汁の材料として使われることが多い野菜。
どれも栄養豊富な野菜ばかり!
青汁を飲めば、豊富な食物繊維で便秘を改善!
その上、美肌効果や健康な身体をつくる効果も期待できます!

辛い便秘を解消したい!
おすすめ青汁8選

栄養たっぷりの青汁ですが、青汁は「苦い」「まずい」というイメージを持っている方も少なくないはず。
しかし、そんなイメージを覆すほど、最近の青汁は飲みやすいものばかり。
おいしく青汁を利用して、便秘解消を目指しましょう!

●腸内環境を改善!食物繊維や乳酸菌が豊富な青汁
●便秘解消&体質改善!健康な身体をつくる青汁
●便秘解消&美肌効果!美容効果の高い青汁
●子供の便秘にも!野菜嫌いでもおいしく飲める青汁

腸内環境を改善!
食物繊維や乳酸菌が豊富な青汁

サンスター健康道場 粉末青汁
サンスター健康道場 粉末青汁
4,500円(税抜)※10g×30袋
材料は野菜だけ!野菜の味と栄養をギュッと凝縮

サンスター健康道場 粉末青汁の特徴
・厳選した国産野菜5種を使用
・添加物不使用。材料は野菜のみ
・1袋で野菜100g分の栄養に相当。食物繊維は4.1g配合
・1袋の粉末量は10gで、一般的な青汁粉末(4g)の2.5倍
1日に必要な野菜の1/3近くが摂れて、食物繊維が豊富。
不足しがちな野菜を補い、便秘解消を目指せます!
成分:ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ

 

実際に飲んでみました!
実際に飲んでみました
野菜のみから作られているので苦みやえぐみがあるかと思っていましたが、ほとんど感じられないほど。
砂糖や塩などの味付けは一切ないので、野菜の味をダイレクトに感じられます。
水によく溶けるので飲みやすい
10gなので粉末の量がかなり多いですが、水によく溶けるので飲みやすいです。
調製豆乳との相性も◎甘みが加わり飲みやすさがアップします!
煌めきモリンガ青汁
煌めきモリンガ青汁
1,450円(税抜)※30包/1箱 定期コース初回限定
圧倒的な乳酸菌量!腸内環境を改善して便秘解消

煌めきモリンガ青汁の特徴
・五大栄養素の他にビタミンEやポリフェノールが豊富なスーパーフード「モリンガ」を配合
・モリンガを配合した青汁の中では配合率No.1!
・1包あたり1000億個の乳酸菌と10億個のビフィズス菌を配合
・水溶性食物繊維のイヌリンや4種のオリゴ糖も配合し、腸内環境を改善
・農薬、化学肥料不使用
食物繊維、乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖配合で、腸内環境を整える材料がたっぷり!
体質を改善して便秘解消を目指せる青汁です。
成分:モリンガ葉末(モリンガ/沖縄県産)、フラクトオリゴ糖、水溶性食物繊維(イヌリン)、
イソマルトオリゴ糖、クロレラ粉末、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、デキストリン、殺菌乳酸菌、乳酸菌乾燥粉末(殺菌)、殺菌ビフィズス菌、植物性乳酸菌(殺菌)

便秘解消&体質改善!
健康な身体をつくる青汁

サンスター 緑でサラナ
サンスター 緑でサラナ
5,400円(税抜)※160g×30缶
コレステロールを下げて健康体に!

サンスター 緑でサラナの特徴
・コレステロールを下げる働きがあるトクホ(特定保健用食品)の青汁
・ブロッコリー、キャベツ由来の天然アミノ酸SMCSがコレステロールの排出を促進
・1日2缶、3週間の継続でコレステロールが低下(効果には個人差あり)
・8種の青野菜2種の果物をブレンドし、1缶で野菜105gの摂取量に相当
・1缶に食物繊維1.2g配合
・砂糖、食塩、香料、保存料不使用
1日の摂取目安量は2缶。
飲むだけで野菜不足解消、コレステロール低下、便秘の改善が期待できる健康効果の高い青汁です。
成分:ブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモン/ビタミンC、クチナシ色素、カロテン色素

 

実際に飲んでみました!
野菜ジュースやスムージーのような自然なトロミがあります。
サラサラではなく線維が残る少しドロッとした感じが、野菜を摂取している感じがしていいです!
砂糖は入っていないのに、甘みを感じるのはフルーツが入っているおかげ。
160gと少量ですが、飲みごたえがあります。
リフレ 脂肪や糖を抑える青汁
リフレ 脂肪や糖を抑える青汁
980円(税込)※8.5g×30袋、定期コース初回価格
便秘を解消しながら体質も改善!ゴクゴク飲めるおいしい青汁

リフレ 脂肪や糖を抑える青汁の特徴
・水溶性食物繊維である難消化型デキストリン5,000mg配合
・おなかの調子を整え、便通を改善
・中性脂肪や食後の血糖値の上昇を抑制
不足しがちな水溶性食物繊維を積極的に摂れる青汁です。
苦さは少ないので、青汁初心者におすすめ。
成分:難消化性デキストリン(アメリカ製造)、大麦若葉末、緑茶末、桑の葉末、明日葉末、クロレラ末、モロヘイヤ末

 

実際に飲んでみました!
実際に飲んでみました!水に溶かして飲んでみましたが、抹茶のような味わいで飲みやすい!
苦さは全く感じないのでゴクゴク飲めました。
少し粉が溶けにくいように感じましたが、少量のお湯で溶かせば問題なし。
豆乳と割って飲んでもおいしく頂けました。

便秘解消&美肌効果!
美容効果の高い青汁

アルマード 卵殻膜 美-菜
アルマード 卵殻膜 美-菜
980円(税込) ※3.3g×10包トライアル
腸内環境ケア&美肌づくりができる青汁

アルマード 卵殻膜 美-菜の特徴
・11種の国産野菜を使用
水溶性食物繊維、不溶性食物繊維をバランスよく全4種1,257mg配合
・食物繊維以外にも、腸内フローラをケアする有胞子乳酸菌、卵殻膜をギュッと凝縮
・「Ⅲ型コラーゲン」や栄養価の高いスーパーフード「スピルリナ」も配合し、美容と健康をサポート
・着色料、合成保存料不使用
・カフェインゼロ&コレステロールゼロ
・青森県、長野県のりんごを使用したおいしいりんご味
一日に必要な栄養素がバランスよく配合され、豊富な食物繊維や乳酸菌も摂取!
腸内環境を整える効果に加え、美容効果も注目されている「卵殻膜」や20代半ばから減少していく「Ⅲ型コラーゲン」も効率よく摂れる、美容効果も高い青汁です。
成分:大麦若葉、難消化性デキストリン、卵殻膜粉末、リンゴ食物繊維、でん粉、
デキストリン、ケール、さつまいも(アヤムラサキ)、スピルリナ、鉄含有酵母、リンゴ濃縮果汁、砂糖、有胞子性乳酸菌、サイリウムハスク末、金時草、オリーブ葉末、ほうれん草、南瓜、人参、桑の葉、大葉、キダチアロエ抽出物、ビタミンC、香料、増粘剤(グァーガム)、甘味料(ステビア)、酸味料、ビタミンB2 (原材料の一部に卵、りんごを含む)
ゆるやか習慣
ゆるやか習慣
1,990円(税抜) ※90g
女性の美容と健康をサポート!

ゆるやか習慣の特徴
・ノンカフェイン、ノンタンニンで安心
・京都府京丹後市で育った無農薬桑の葉を使用
・ビタミンやカリウムが豊富な桑の葉でできた青汁なので、むくみや肌荒れにも効果的
・食物繊維をより効率よく摂取できる粉末タイプ
・1袋当たり乳酸菌7500億個、水溶性食物繊維イヌリン配合
便秘の悩みだけでなく、妊娠中、産後の体重が気になる方から高い支持を得ています。
便秘解消の他に糖質の吸収を抑えることでの体重管理、むくみや肌荒れの解消など女性の美容と健康をサポートしてくれる青汁です。
成分:桑の葉、パラチノース

無駄な成分を一切含まないので、妊娠中でも安心して飲めました。
便秘解消だけでなく、妊娠中の体重増加を抑えることも期待できるので、ストレスなく食事を楽しめます。

子供の便秘にも!
野菜嫌いでもおいしく飲める青汁

こどもバナナ青汁
こどもバナナ青汁
980円(税抜)※130包入 初回限定
飲みやすいバナナ味の豆乳でおいしく便秘を解消!

こどもバナナ青汁の特徴
・栄養豊富な国産大麦若葉を100%使用
・6種のフルーツ、13種の野菜を配合
・50種類以上の栄養素を含むスーパーフード「スピルリナ」配合
・1杯に150億個の乳酸菌&ビフィズス菌
・保存料、人工甘味料不使用
牛乳で割ると「バナナシェイクみたいでおいしい」と高評価!
ほんのり甘いバナナ味の青汁。
飲みやすさと栄養面にこだわり、豊富な乳酸菌とビフィズス菌が含まれているので、お子様の便秘でお悩みの方におすすめです。
こどもフルーツ青汁
こどもフルーツ青汁
6,797円(税込) ※120g(4g×30本)×2箱セット
子供の栄養バランスを追求した青汁

こどもフルーツ青汁の特徴

・140億個の乳酸菌、6億8千万個のビフィズス菌配合
・野菜を中心とした40種の植物発酵成分
・味ごとに成分が変わる、選べる3種
徹底した品質管理と、飲みやすさを追求しているから、安心してお子様に飲ませられます。
3歳から飲めるので、便秘でお悩みのお子様だけでなく、野菜不足でお悩みのお子様にもおすすめです。

成分: 大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(リンゴ濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、
パナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、フラクトオリゴ糖、乳酸菌末(デキストリン、乳酸菌(殺菌))、ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、植物発酵エキス末、植物性乳酸菌、温州みかん/貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、ビタミンD、(一部にりんご、バナナを含む)

子供専用につくられた青汁なので、「こどもフルーツ青汁」が一番続けやすくておすすめ。
大人向け青汁と同じくらいの乳酸菌、ビフィズス菌、野菜が入っているから効果は期待大!

便秘解消に効果的な青汁の飲み方

「便秘が解消できるなら青汁を飲んでみたい…!」
飲むタイミング、飲む期間、どんな風に飲むのが効果的?
便秘解消におすすめの飲み方をご紹介します。

青汁はいつ飲むのがいい?

青汁はいつ飲むのがいい?

青汁は薬ではないのでいつ飲んでも問題ありません。
しかし、タイミングを考えて飲む習慣をつければ、便秘解消により効果的!

青汁を飲むのにおすすめのタイミングは3つ!

・朝起きてから
・空腹時
・寝る3時間前

青汁を飲むのにおすすめのタイミングは、胃が空っぽのとき。
そのため、空腹時はもちろん、目覚めた後の「朝」の時間は、最も栄養吸収をしやすい状態になっています。
また、夜飲むことも効果的。
寝ている間に栄養を吸収して腸内清掃!翌朝スッキリに繋がります。
ただし、寝る前なら…と寝る直前に飲むのはNG!
睡眠の質を下げることになるので避けましょう。
寝る前に飲むのなら、寝る3時間前と覚えておいて下さい。

どれくらい青汁を飲み続ければいいの?

○カ月飲めば便秘は解消する!と断言できる期間はありません。
青汁の効果は人それぞれ。

軽い便秘の人だと、早ければ1週間ほどで体質の変化を感じられます。
ただし、少し効果を感じたとしてもまだ体質が改善されたとは言えません。
本気で便秘体質を改善したいと思うなら、2~3カ月は続けることがおすすめです。

腸にいい食材と一緒に摂る

腸にいい食材と一緒に摂る

「青汁を飲み始めたけど、イマイチ効果が感じられない…」という方は、青汁と一緒に腸にいい食材を合わせて摂るようにしましょう。
発酵食品のような「善玉菌を含むもの」と、食物繊維やオリゴ糖のような「善玉菌のエサとなるもの」を一緒に摂ることは、腸内環境によい効果を生みます。
青汁自体に食物繊維が豊富に含まれ、乳酸菌を含むものもありますが、ヨーグルトをプラスするなど発酵食品を摂り入れていけば、便秘解消に一歩近づくはず!

青汁についてもっと詳しく!Q&A

青汁についてもっと詳しく!Q&A

便秘解消が期待できる、健康効果の高い青汁。
「おいしい飲み方は?」
「子供に飲ませても大丈夫?」
青汁のことをもっと知って、おいしく続ける習慣をつけていきましょう!

Q. 青汁のおいしい飲み方は?

A. 水ではなく豆乳で割ったり、スイーツの材料に加えてみたりするのがおすすめ。
最近は飲みやすい青汁が増えたとは言っても、野菜をギュッと凝縮したような味に苦手意識を感じる方もいるかもしれません。
その場合はそのまま飲むのではなく、飲み方を工夫してみましょう。
粉末の場合は水やお湯ではなく、他のものと割って飲めばグッと飲みやすくなるはず。
牛乳や豆乳、ヨーグルト、そして甘味が欲しければはちみつをプラスしてみても◎

調整豆乳に粉末青汁を溶かして飲んでみました。

調整豆乳に粉末青汁を溶かして飲んでみました。
調整豆乳のほんのりとした甘みのおかげで、青汁の味はかなりソフトに。
水に溶かして飲むよりもスッキリとした味わいでおいしく飲めました。(福田聡子)

他にもパンケーキなどスイーツを作るときの材料に混ぜて使うのもおすすめ。
野菜嫌いのお子さんでもおいしく食べられるはず!

青汁パンケーキ

青汁パンケーキ◇材料◇
・ホットケーキミックス・・・・200g
・青汁パウダー・・・・・・・・20g
・牛乳・・・・・・・・・・・・・・150g
・卵・・・・・・・・・・・・・・・・1個
・ハチミツ・・・・・・・・・・・・少々

作り方はこちらをチェック!
Cpicon 青汁パンケーキ by OL2

Q. 野菜ジュースよりも青汁がいい理由は?

A. 野菜ジュースは製造過程で栄養が壊れてしまいますが、青汁は野菜の栄養をそのまま摂れるため。

市販の野菜ジュースの製造過程
市販のジュースは、濃縮還元工程を採用しているものがほとんど。
工場で作ったジュースを加熱して水分を飛ばし圧縮。
出荷前に水を加えて戻し、ジュースとして店頭に並べます。
野菜に含まれるビタミンや酵素などの栄養素は熱に弱いため、この工程の中で失われてしまうことになります。
青汁の製造過程
青汁の場合は熱加工を避けて製造されることが多いです。
粉末青汁の場合はフリーズドライ粉末に加工。
液体の場合は、栄養価そのままで絞られた上で急速冷凍を行い、出荷されます。
製造工程で熱を加えないことにより、野菜本来の栄養素をそのまま保つことができるのです。

青汁は野菜ジュースよりもカロリーが少ない

一見、どちらも野菜から作られているので同じように感じられますが、製造工程の違いで摂れる栄養の量が変わります。
その上、青汁は野菜ジュースよりもカロリーが少ないというデータも。
野菜ジュースのカロリーは1本あたり約50~90キロカロリー/200ml。
対して青汁のカロリーは3~30キロカロリーと低カロリーです。
糖が少なく、カロリーも少なめ。
栄養が摂れてカロリーの少ない青汁の方が健康によい気がしませんか?

Q. 青汁は小さな子供が飲んでも大丈夫?

A. 青汁は食品なので、小さな子供が飲んでも問題はありません。
ただし、離乳食を終えたばかりで消化器官が未発達のお子様や、胃腸が弱いお子様の場合は、保護者が様子を見ながら少量ずつ始めるようにしましょう。
また、成人向けに作られた青汁をそのまま与えると、苦みや味が濃いものでは苦手意識を与えてしまうこともあります。
初めて飲ませる際には、ジュースや牛乳で割って飲ませるなど、子供が飲みやすいよう工夫をしてあげることも大切です。

習慣的に青汁をとり入れてお腹も気持ちもスッキリ!

便秘だとお腹も気持ちもスッキリしないもの。
運動不足、ストレスなど、便秘の原因は様々ですが、青汁で足りない栄養を補給することで便秘解消に一歩近づくはずです。
自分に合った青汁を見つけて、便秘改善だけでなく、健康な毎日を手に入れましょう。

ライフの関連記事
  • どくだみ茶の驚きの作用・効能とは?カラダの中から健康キレイに
    どくだみ茶の驚きの作用・効能とは?カラダの中から健康キレイに
  • 甘茶とはどんなお茶?効能は?美容やアレルギーに良い甘茶の飲み方
    甘茶とはどんなお茶?効能は?美容やアレルギーに良い甘茶の飲み方
  • 豆乳でニキビが悪化する原因とは?!正しく飲んで美肌を目指そう♪
    豆乳でニキビが悪化する原因とは?正しく飲んで美肌を目指そう
  • 妊婦さんも甘酒は飲める?効果や飲み方は?おすすめ甘酒6選
    妊婦さんも甘酒は飲める?効果や飲み方は?おすすめ甘酒6選
  • 知っておきたい甘酒のデメリット【酒粕・米麹】注意点と正しい飲み方
    知っておきたい甘酒のデメリット【酒粕・米麹】注意点と正しい飲み方
  • 【飲む美容液】甘酒の美容効果は?おすすめ甘酒5選 美味しい飲み方も
おすすめの記事