【50代のBBクリームランキング】シミ・しわカバー力抜群!優秀7選

一世を風靡したBBクリーム。
今や当たり前のコスメグッズとなり、どんどんとリニューアルされ、パワーアップされたものが続々と登場してきています。
だからこそ、「種類が多くていったいどれを選んだらいいのかわからない」。
また、シミやしわなど悩みが多くなった50代のお肌。
「本当にBBクリーム1本で大丈夫なの?」
そんな不安を感じるあなたへ、この記事では、

  • 50代のBBクリームの選び方
  • 若見え肌になれる!50代のBBクリームランキング
  • おすすめプチプラBBクリーム
  • 自分に合うカラーの選び方
  • BBクリームのお悩み解決!

を中心にお届けします。

すぐにオススメのBBクリームが知りたい方は、

をチェックしてくださいね。

LalaMe 編集長:前川 優子

コスメマイスター 美容系ライター・エディター 医学博士(名古屋大学大学院医学系研究科博士課程修了)

自身の肌荒れをきっかけに、コスメ・スキンケアの勉強を始め、コスメマイスターを取得。 博士課程で培った専門知識をもとに、根拠に基づいた信頼できる美容情報をお届けします。

そもそもBBクリームって何?

韓国から日本にきたイメージのBBクリームですが、実はドイツの皮膚科で生まれました。
ピーリング後のデリケートなお肌を保護し肌再生を促すために、美容成分を追加した保護クリームとして開発されたものです。

ファンデーションの役割…肌の色ムラやシミ、そばかすなどをカバーし、均一なお肌へと導く
BBクリームの役割…ファンデーションの役割+、コンシーラー、下地機能
製品によっては、+美容液、日焼け止め機能

大きな違いである美容成分配合という部分は、50代のお肌にはとても魅力的♡
一般的に保湿効果の高いものが多く、肌揺らぎからくる乾燥対策も叶います。
化粧をしながらもスキンケアができる、優れたアイテムなんです。

50代のBBクリームの選び方

「最近メイクをしてもなんだか肌のトーンはくすんだまま」
「時間とともにしわやたるみが目立つ」
これらは、多く聞かれる50代女性のお悩み。
その原因として、女性ホルモンの減少、水分量・皮脂量の低下に伴い、セラミド、コラーゲンが減ってしまうことがあげられます。
そこで、50代のBBクリーム選びでは、肌トラブルに効果的な成分が含まれているか、なおかつ肌トラブルのカバーをしてくれるものかどうか、チェックすることが必要となってきます。
これから説明する、3つのポイントに注目して選んでみましょう。

1.保湿力のあるもの

BBクリームのイメージから、「どれも保湿力あるでしょ!」と思い込むのはとても危険です!
BBクリームのしっとり感は、保湿成分ではなくただの油分の可能性が。
肌トラブルを防ぐためにも、以下の保湿効果のある成分が入っていることを確認して選びましょう。

保湿効果のある成分

2.UVカット

肌に最も悪い影響を及ぼすといわれる紫外線。
紫外線の強さや量は季節や天候によって変化はあるものの、ゼロということはありません。
UVカットと記載のあるBBクリームを選びましょう。
ですが、気を付けたいのがコレもまた成分。

<紫外線吸収剤不使用・ノンケミカル>が安心

紫外線を防ぐ成分は2種類あります。

紫外線吸収剤(ケミカル)…紫外線を吸収する働き
オキシベンゾン
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
オクチルトリアゾン など
紫外線散乱剤(ノンケミカル)…紫外線を跳ね返す働き
酸化チタン
酸化亜鉛 など

ケミカルは、肌の弱い方だとアレルギー反応が出てしまう恐れがあるため避けたい成分です。

<SPF・PA>の値に注目

日焼止め成分配合のBBクリームに記載のある【SPF・PA】はご存じでしょうか?
サンケア指数といい、紫外線を防ぐ効果を示したものです。

サンケア指数

あえて指数の高いものを選ぶ必要はなく、この図からもわかるように
日常生活での使用ならSPFは20~30、PA++ぐらいで十分だといえます。
数値の高いものは、効果もですが、肌への負担も大きいものが多いですからね。

3.サンプル使用は必須!

サンプル使用は必須

若い頃みたいに、化粧品ならなんでもOKではないんですよね。
肌トラブルに対してのカバー力や午後になっての崩れにくさは、購入前に確認しておきたいところ。
また、敏感になりがちな50代のお肌ですので、肌荒れを起こしてしまう可能性を避けるためにも一度サンプルでお試ししてみるのが絶対おすすめ。

【50代におすすめ】若見え肌になれる!
BBクリームランキング Best7

保湿力がありながらも、気になる肌トラブルを1本で素敵にカバーし、若見え肌へと導いてくれる!
50代におすすめしたいBBクリームを、ランキング形式でご紹介していきます!

1位 リ・ダーマラボモイストBBクリーム
1位 リ・ダーマラボモイストBBクリーム
3,780円 (税込)  ※30g
美容液成分63%配合で、1日中崩れにくい!
進化系優秀BBクリーム

リ・ダーマラボモイストBBクリーム の特徴
□SPF50+・PA++++
□機能:美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラー
□保湿成分(セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン)配合

スルスル伸びる付け心地で、しっとりとムラなくつける事ができます。
全体的に気になる部分はひと塗でカバーできちゃいます。
特に濃いシミはトントンと軽く重ね付けすると、ほとんど気にならない状態になりますよ♪
「皮脂コントロールパウダー配合」との事で、メイクの崩れも気にならないところがお気に入りです。
成分:水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、酸化チタン、BG、フェニルトリメチコン、トリエチルヘキサノイン、
水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、酸化チタン、BG、フェニルトリメチコン、トリエチルヘキサノイン、
2位 アテニア BBクリーム
2位 アテニア BBクリーム
2,160円(税込) ※30g
独自の“隠しピンク設計”で
血色感あふれる明るい「華色肌」へ。

アテニア BBクリームの特徴
□SPF30・PA+++
□機能:美容液・UVケア・下地・ライトメイク・コンシーラー・華(明るさ・血色感)
□高保湿成分(ヒアルロン酸・コラーゲン)配合
□紫外線吸収剤不使用
□2色(ライト、ナチュラル)

いろいろとBBクリームを試しましたが、どれも白浮きしてしまってあきらめかけていました、が…アテニアさんは肌馴染みがとても良くて感動♡

普段くすみがちな肌も、活き活きと健康的な肌に見えます。
スキンクリームのようなみずみずしい付け心地ですが、そこそこのカバー力があるので普段使いに愛用しています。
成分:水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、
トリエチルヘキサノイン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ペンチレングリコール、BG 、ジステアルジモニウムヘクトライト、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、ジメチコン、水溶性コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、シラン根エキス、アルゲエキス、シリカ、マイカ、キサンタンガムクロスポリマー、ヒドロキシエチルセルロース、炭酸水素Na、塩化Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、
(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、トリメチルシロキシケイ酸、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、合成フルオロフロゴパイト、トリベヘニン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トコフェロール、シリル化シリカ、水酸化Al、タルク、 ステアリン酸、ハイドロゲンジメチコン、フェノキシエタノール、酸化鉄
3位 ドクターシーラボ BBクリーム エンリッチリフト
3位 ドクターシーラボ BBクリーム エンリッチリフト
3,888円 (税込) ※30g
美容成分85%配合、美容液並みのBBクリーム

ドクターシーラボ BBクリーム エンリッチリフトの特徴
□SPF40・PA++++
□機能:美容液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーション・毛穴カバー
□10種類の保湿成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、他)配合
□紫外線吸収剤不使用
□1色(平均的な肌色)

SNSで評価が高く、1本で7役の大人の肌向け商品との事で購入しました。
ウォータープルーフ仕様で、カバー力抜群と人気だったのですが…
私の感想としては、よく伸びる付け心地でとても塗りやすい、でもシミのカバー力はそれほどといった感じです。
でも、保湿力をしっかり感じることができ、使い心地も良く、なんと言っても楽!!
日中のメイクでハリケアまでできるらしいので、期待して使い続けます!
成分:シクロペンタシロキサン、水、酸化チタン、酸化亜鉛、パルミチン酸エチルヘキシル、BG、グリセリン、
ジメチコン、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、PEG/PPG-19/19ジメチコン、ナイロン-12、酸化鉄、トリメチルシロキシケイ酸、水酸化Al、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、タルク、ヒトオリゴペプチド-1、金、白金、チオクト酸、ユビキノン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、セラミド3、ビサボロール、α-アルブチン、サリチル酸シランジオール、エゾウコギ根エキス、アーモンドエキス、カラスムギ穀粒エキス、キサンタンガムクロスポリマー、ヒナギク花エキス、エナンチアクロランタ樹皮エキス、オレアノール酸、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、ゲットウ葉エキス、ビルベリー葉エキス、エチルヘキシルグリセリン、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、PEG-150、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、イソステアリン酸、ダイズ油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ハイドロゲンジメチコン、メチコン、カプリリルメチコン、(PEG-8/SMDI)コポリマー、PVP、PVP/ポリカルバミルポリグリコール、アクリル酸アルキルコポリマー、ヒドロキシエチルセルロース、セルロースガム、ステアリン酸イヌリン、ジステアルジモニウムヘクトライト、シリカ、レシチン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ポリソルベート80、炭酸水素Na、塩化Na、エタノール、フェノキシエタノール
4位 MISSHA M シグネチャー リアルコンプリート BBクリーム
4位 MISSHA M シグネチャー リアルコンプリート BBクリーム
2,880円(税込) ※45g
韓国ブームで一躍有名になった「MISSHA」のBBクリーム
乾燥が気になる人必見!!

MISSHA M シグネチャー リアルコンプリート BBクリームの特徴

□SPF25/PA++
□保湿成分(ヒアルロン酸、セラミド)配合
□2色(明るい肌色、自然な肌色)

すーっと伸びの良いテクスチャーで、とてもしっとりとした付け心地。
よくあるBBのパサパサ感は一切感じず♪
透き通るような透明感というよりは、セミマットだけどつや感のある仕上がりです♡

実は、韓国好きの私の母(60歳)も数年前からずっと愛用してます(笑)
しみ、小じわのカバー力と保湿力、香りも好みだと♡
ただ時間がたつと目じりの深いしわがどうしても目立ってしまうので…気になるところにふわっとパウダーをつけておくことで長時間キープできるそう☆
5位 「direia TO」 ステムインテンシブBBクリーム
5位 「direia TO」 ステムインテンシブBBクリーム
4,320円(税別)
ヒト幹細胞配合!
オーガニック成分と5種類美容成分で、揺らぎがちな肌に優しい処方。

「direia TO」 ステムインテンシブBBクリームの特徴
□SPF最強値
□機能:日焼け止め・スキンケア・エイジングケア
□保湿成分(ヒアルロン酸アスコルビルプロピル)配合
□紫外線吸収剤不使用
□2色(イエローベース、ピンクベース)

しっかり目のテクスチャーで気になる所はカバーしてくれます!
ですが、厚塗りに感じないんです!!
肌に伸ばすと艶が出るので、ハリがあるような仕上がりになるのも嬉しいです♪
ローズ系の香りも気に入っています。
成分:水、テトラデカン、酸化チタン、グリセリン、ラウリン酸ヘキシル、パルミチン酸エチルヘキシル、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、
水酸化Al、酸化鉄、ステアリン酸、(水酸化/炭酸)(Mg/Al/亜鉛)、クオタニウム-18ベントナイト、デカイソステアリン酸ポリグリセリル-10、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ハイブリッドローズ花水、ナイアシンアミド、ダマスクバラ花油、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、ホホバ種子油、加水分解ローヤルゼリータンパク、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、カプリロイルジペプチド-17、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、酢酸トコフェロール、ホホバエステル、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸イヌリン、ペンチレングリコール、ラウロイルリシン、硫酸Mg、オクチルドデカノール、ミリスチン酸、キサンタンガム、トリヒドロキシステアリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、アクリレーツコポリマー、エタノール、(VP/ポリカルバミルポリグリコール)エステル、フェノキシエタノール
6位 クラランス BB クリーム イドラタン
6位 クラランス BB クリーム イドラタン
5,940円 (税込) ※30ml
『素肌感』が好きな人におすすめ!
自然な仕上がりが魅力的♡

クラランス BB クリーム イドラタン 特徴
□SPF30・PA+++
□全3色(ライト・フェア・ナチュラル)

やわらかいテクスチャーで乳液のような付け心地です。
顔全体にスゥーと馴染ませ、気になるところには重ね付けをしています。
カバー力は少なめでも厚塗り感がなく、時間がたってもそれ程小じわは気になりませんよ♪
私みたいに、シミよりシワが気になる人にはおすすめですね!
7位 「アスタリフト」 BB クリーム
7位 「アスタリフト」 BB クリーム
4,200円 (税抜) ※30g
つやつやの透明感あふれる肌に。
進化型BBクリーム

「アスタリフト」 BB クリームの特徴
□SPF50+・PA++++
□機能:美容液・UV・下地・ファンデ
□保湿成分(セラミド、レシチン)配合
□2色(ナチュラルベージュ、ライトベージュ)

日中もアスタリフトの美容成分でケアできると耳にしたので、期待を込めて使っています。
伸びがとてもいいので、少量で広範囲にいきわたりコスパの面でも◎。
完成はサラサラした仕上がりで、カバー力は低めなので普段使いに手軽に愛用してます♪
成分:水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、ジグリセリン、ポリシリコーン−15、グリセリン、エタノール、
水酸化Al、t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン、(ジメチコン/(PEG−10/15))クロスポリマー、PEG−9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、BG、PEG−6、PEG−32、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル−10、ステアリン酸スクロース、ラウリルカルバミン酸イヌリン、レシチン、ヘマトコッカスプルビアリス油、シロキクラゲ多糖体、セラミド3、セラミド6II、トコフェロール、イソステアリン酸、オレイン酸、シリカ、含水シリカ、酸化Ca、クエン酸Na、塩化Na、リン酸Na、リン酸2Na、水酸化Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール、(+/-)酸化チタン、酸化鉄、赤202、マイカ

すぐ手に入る【ドラッグストアBB】だって侮れない!
プチプラおすすめBBクリーム 3選

デパコスと違って、近所のドラッグストアですぐに手に入るのはとっても便利♡
お財布にも優しく、試してみる価値あり!なおすすめBBクリームをご紹介します。

ちふれBB クリーム
ちふれBB クリーム
800円 (税抜) ※50g
色ムラ補正力・自然な仕上がり・うるおいの最強コスパBB!

ちふれBB クリームの特徴

□SPF27・PA++
□機能:美容液・乳液・保湿クリーム・日やけ止め・化粧下地・ファンデーション
□保湿成分(ヒアルロン酸)配合
□紫外線吸収剤不使用
□ウォータープルーフ
□3色(ピンクオークル・標準色・やや濃いめ)

お手軽に手に入るお値段と、それでいて少量でよく伸びる!
保湿力があり、毛穴もしっかりカバーしてくれると満足の声多数の人気クリーム。

上で紹介したおすすめランキングに仲間入りさせても引けを取らない、筆者おすすめのアイテムです!!
成分:(保湿成分)ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸、トレハロース、オウゴン根エキス配合

 

キュレル BBクリーム
キュレル BBクリーム
1,944円  (税込) ※35g
【乾燥性敏感肌にも安心して使える】
「きちんとカバータイプ」のBBクリーム

キュレル BBクリームの特徴
□SPF28・PA++
□機能:保湿・UVカット・化粧下地・ファンデーション
□紫外線吸収剤不使用
□2色(明るい肌色、自然な肌色)
セラミドの働きを効果的に補ってくれる成分が配合され、潤いはあるのにさらっとした軽い付け心地が人気♡
しみ・色ムラ・肌の凹凸にもきちんと効果を発揮してくれます。
しっかりカバーしてくれマットな仕上がりに。
成分:ジメチコン、水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、PEG-12ジメチコン、水添ポリイソブテン、
ポリシリコーン-9、硫酸Mg、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、アスナロ枝エキス、ユーカリ葉エキス、トリフルオロアルキルジメチルトリメチルシロキシケイ酸、BG、トリメチルシロキシケイ酸、パルミチン酸デキストリン、PEG-32、メチルパラベン、ジステアリン酸Al、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、合成金雲母、アルミナ、シリカ、マイカ、メチコン、水酸化Al、(メタクリル酸ラウリル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー

 

インテグレート グレイシィ エッセンスベースBB
インテグレート グレイシィ エッセンスベースBB
1,026円 (税込)  ※40g
カバー力より崩れにくさを求める人におすすめ!大人のBBクリーム!

インテグレート グレイシィ エッセンスベースBBの特徴
□SPF33・PA++
□機能:保湿クリーム・UVカット・化粧下地・ファンデーション・コンシーラー
□保湿成分(ヒアルロン酸)配合
□2色(明るめ〜自然な肌色、自然~濃いめの肌色)
透明感あふれる大人の美肌へと導いてくれるエッセンスBBは、小じわ・毛穴などの大人の肌悩みを自然にカバーしてくれます。
プチプラ優秀BBとして、大人の女性に人気。
成分:水,シクロペンタシロキサン,酸化チタン,ジメチコン,エタノール,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,
グリセリン,パルミチン酸エチルヘキシル,PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,PEG-10ジメチコン,水酸化Al,セスキイソステアリン酸ソルビタン,ジステアルジモニウムヘクトライト,水添ポリイソブテン,(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー,ヒアルロン酸Na,ローヤルゼリーエキス,ステアリン酸,EDTA-3Na,アルミナ,トリエトキシカプリリルシラン,テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン,トコフェロール,テトラデセン,BHT,ピロ亜硫酸Na,ハイドロゲンジメチコン,フェノキシエタノール,酸化鉄,マイカ,硫酸Ba

カラバリ少ないBBクリームでも大丈夫
「カラーの選び方」と「自分の肌色に調整する簡単裏テク」を伝授♪

カラバリ少ないBBクリームでも大丈夫

なんとなくで『ライトオークル』を選びがちではないですか??
実は、普通肌向けのライトオークルだと、気づけばくすんでいる可能性が大!!!
くすみ感が出やすい50代のデリケートなお肌のカラー選びは、特に注意していきたいですね。
では、カラーバリエーションが元々少ないBBクリームの選び方からご紹介していきます。

正しい色の選び方

~覚えておきたい基本的な色選び~
<ブルーベースの方>
肌の特徴:全体的にピンクがかって見える肌。手首内側の血管が青色に見える場合が多い。
→おすすめの色:ピンク系のBB
<イエローベースの方>
肌の特徴:健康的に黄みがかって見える肌。手首内側の血管が緑色に見える場合が多い。
→おすすめの色:オークル系BB

~やりがちな色選びの失敗例~
〇店頭で手の甲で試す
〇顔だけの色に合わせて選ぶ
〇首色で選ぶ

顔と首はもともと色が違います。
BBクリームが浮いてしまう原因は、顔と首との境目がくっきりと出てしまうから。
ですので、選ぶときは必ず首と頬の境の『フェイスライン』で選ぶようにしましょう。

基本的な色選び

色が合わない時のお悩み

お悩みを解決するための、詳しい方法をご紹介します。

【1】色展開が少なく、合う色が見つけられない

→BB2色買い!混ぜて近い色に調整する
筆者は、普段使いはこの方法ですましています(笑)
明るめ+自然な色=2:1を手の甲でまぜまぜ…。
あとは、顔に馴染ませるだけ。
毎日やることだから量さえ覚えてしまえばラクラクできちゃいます♪

【2】夕方に黄ぐすみしてしまい顔が浮く

→普段使っているコンシーラーを混ぜ、境目を馴染ませることで黄ぐすみを消す
BBでよくあるお悩みが、「自分の肌色と微妙にずれていて顔だけが黄色く浮いてしまう」。
黄色くくすみ、浮いて見えてしまう人が実はとても多いのが現実なんです。
そんなときには、普段使っているコンシーラーを使うのがおすすめ♡

~解決方法はコレ~
(1)普段使いしている肌色に合ったコンシーラーを少し取り、手の甲でBBクリームと混ぜ合わせる。
(2)パフでフェイスラインに馴染ませる、もしくは、全体に馴染ませる。

夕方になるとファンデーションやBBは酸化し、どうしても黄色く浮いてきてしまい首との境がしっかりとしてきてしまいます。
そんな時にも、このテクは使えます♪※山西亨奈

【3】顔に塗ったら白く浮いてしまった!

→クリームチークを混ぜて境目を馴染ませる(赤みを足す)
「自身の肌色が暗い→BBの暗い色を選んだのにまだ白浮きしてしまう」
そんな時に使えるのがこの方法です。

クリームチークを混ぜて境目を馴染ませる

(1) 手の甲にピンク系のクリームチークを少し取り、BBと混ぜ合わせる。

こんな感じ

こんな感じです♡
ほのかに赤みが足され、肌に馴染みやすい色味になります。
(2)あとはパフでフェイスラインに馴染ませる、もしくは、全体に馴染ませる。

赤みを足すことで、肌に馴染みやすく健康的な肌色を作り上げることができます。
赤みを足しすぎないようにちょっぴりで大丈夫♡※山西亨奈

【4】塗った時から黄色っぽくなる(くすみ感が出る)

→コントロールカラーを混ぜる(全体的な黄ぐすみを消す)
様々な肌の色ムラ調整し、ファンデーションの前に使用されるコントロールカラー。
ここでは…
くすみを軽減してくれる、イエロー系のコントロールカラーを少量混ぜが◎

~解決方法はコレ~
(1)手の甲にイエロー系コントロールカラーを少し取り、BBと混ぜ合わせる。
(2)あとは、顔に馴染ませるだけ。

Q&Aで解決!!
50代ならではのBBクリームに関するアレコレ

50代ならではのBBクリームに関するアレコレ

知っているようで知らないBBクリームについての知識や、正しい使い方をもう一度再確認しましょう。

Q.BBクリームとCCクリームの違いは?どっちを使うべき??

BBクリーム=1本で何役もこなし、ベースメイクが完成
CCクリーム=スキンケア+下地+コントロールカラー

CCクリームはBBクリームに比べて、ナチュラルで自然な仕上がりである一方、ファンデーションの役割がないものがほとんどで、カバー力の弱さがあります。
ベースメイクを手軽に済ませたいならば、1本で何役もこなしてくれるBBクリームを使うのがおすすめです。

Q.仕上がりが不安、崩れとムラが心配。解決策はあるの?

A.肌の環境を整えること+正しい塗り方をマスター!で解決できます。

<肌の環境を整える>
忙しい朝でも洗顔をし、化粧水、乳液、(美容液)で潤すことで、お肌をきれいな状態に整えてあげましょう。
※ここで手を抜くと、1日の化粧ノリの良し悪いに大きく影響してきます。

<正しい塗り方>

【1】適量を手に取り使用します。

多すぎても、ケチって少なすぎてもNG。
適量は、商品の裏などに記載されていることが多いです。

【2】BBクリームを塗っていきます。

おでこ、両頬、鼻の頭、顎に置きます。
指の腹で優しく、中央から外に向かって伸ばしていきます。
※ムラにならないように気を付けて!

【3】全体に伸ばし終えたら、パフやスポンジなどで肌に馴染ませていきます。

ここ結構ポイントですよ!!
より均等にすることと、余分なクリームをパフなどでとり、ヨレを防止しましょう。
※シミ、クマなど気になる肌トラブルがあるときには二度塗りしましょう。

【4】フェイスパウダーをつける(やってもやらなくてもOK!)

フェイスパウダーをつけることで、化粧崩れを防ぐことができます。
つや肌が好みなら、ヨレが気になるところだけつけるのも◎

Q.カバー力抜群!ヨレにくい!って書いてあったのに…そんなことない!
どうしてなの??

A.環境やその人の肌質によってもヨレ方はどうしてもかわってしまうもの。
また、年齢にかかわらず、シミの濃さ、しわの深さも違うのは当たり前。
深めのしわには、メイクが落ち込んでしまうのはどうしても仕方ないこと。
どうしてもカバーしたい濃いしみや濃いニキビ跡は、コンシーラーをプラスしてカバーしましょう。

~気になるならば、化粧直しをしましょう~
今回この記事を書くにあたって、友人の美容部員さんに聞いてみました!
「なんでそんなに毛穴やしわが目立たなく、きれいなの?」と。
なんと!!お昼の休憩時間に一度メイクをオフしてやり直すこともあるのだそう。
「短い休憩にも、必ず化粧直ししないとそりゃ多少はヨレやテカリは出るから!」だそう。
綺麗を維持するには努力も必要なんですね(笑)

BBクリームは成分とカバー力で選べば若肌に!

BBクリームは成分とカバー力で選べば若肌に!

いかがでしたか??
1本で何役もこなしてくれる優秀なBBクリーム♡
うるおい成分と年齢肌を上手にカバーしてくれるものをしっかり選べば、時間の短縮につながるだけでなく、日中もスキンケアでき美肌にも!
こんなに素晴らしいものはありません。
BBクリーム選びに迷っていた方に、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

ライター